竜宮、DVD化決定!!

久方ぶりの更新となります!
巷では某携帯電話会社のCMにて桃太郎や金太郎とともに大人気の浦島太郎ですが、この度、開けてビックリ玉手箱!!「竜宮、暁のきみ」のDVD化が決定致しました!少し先にはなりますが、この秋頃を予定しており、発売後はレンタル店などにも並ぶことになると思います。詳細が決まり次第、改めて情報お知らせ致しますので、引き続き、どうぞ宜しくお願い致します!

TBOX

竜宮、凱旋上映終了!〜監督雑感〜

「竜宮、暁のきみ」監督の青木克齊です。

今回の凱旋上映で新たに、また繰り返しご覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!2012年の撮影から3年の長きに渡る期間、ありとあらゆる様々な面で多くの方にご支援ご協力頂いて「竜宮、暁のきみ」は小さな映画にも関わらず沢山の方にご覧頂くことが出来ましたこと、ここに海よりも深く深く感謝致します!

本作は、人の出会いや別れ、つまり、様々な「縁」に関わる物語です。
製作に当たっては本当に多大なるご縁に恵まれ、良縁を頂いたと思っております。
この映画にはふたつのキャッチフレーズがあります。

「一歩前へ踏み出すための、新しい浦島太郎のものがたり」
「夜明けは、いつかやってくる」

凱旋上映を終えて、自分自身はようやく「一歩前へ踏み出す」事ができるんだなという心境となり、ようやくこの映画なりの「夜明けを迎えられた」という感慨があります。

劇中、主人公がこんなセリフを言いました。
「まるで本当に浦島太郎になって竜宮城へ来たみたいだ」

自ら書いたセリフですが、全ての上映活動を終えて、まさに太郎は自分自身であったかと思い至った次第でありました。この期間、上映活動に関するほとんど全ての業務を色々な方のサポートを受けながらではありますが、監督自身、そしてプロデューサーを筆頭に極少人数で行ってきました。映画は観客あってこそ、お客さんに観てもらって初めて「映画」として完成します。この非常に小さな、ともすればまだまだ未熟な作品でありながら、かろうじて銀幕に流れ「映画」となり得たことは、とても幸せな時間だったような気がします。
主に予算面で非常に辛く苦しい経験をしましたが、全てが良い経験になりました。
それは、まるで竜宮城にいるかのように。

IMG_2594

主な舞台となった「鴨之越」の海

さて、「竜宮」は、この2015年度の香川県凱旋上映を以って、製作サイドから働きかける上映活動を一区切りとします。大変ありがたいことに作品をご覧頂いて気に入ってくださった方、あるいは観たかったけど劇場に行くことが叶わなかったという方など多くの皆様からDVD化して欲しいというお声を頂きました。

しかし、現状、残念ながら今後のDVD等ソフト化の予定は一切ありません。
では、一体どうやったら観られるの?というご質問にも大変申し訳ありませんが、まだきちんとお答えすることは出来ません。もし、今後もソフト化を希望するお声を沢山頂くことが出来れば、あるいは、レンタルショップや販売を行うメーカーさんなどの耳に入れば、ソフト化の動きも出てくるかもしれませんが、こればかりはどうにもなりませんので…。

ただし、製作サイドが主体となっての上映活動は行いませんが、それ以外で、例えば、香川県や三豊市からの要請であったり、各団体さんや自治体さんなどから上映会などの希望があれば出来る限りお応えしたいと思っています。
その場合はryugu.akatsuki@gmail.com、あるいは竜宮facebookページへメッセージ頂ければ、個別に対応させて頂きますのでご相談下さい。
(*誠に勝手ながら個人鑑賞用というご希望には対応出来ませんのでご容赦下さいませ。)

image

イオンシネマ綾川の歓迎ポスター

嬉しいこと、楽しいこと、辛いこと、苦しいこと。
どちらかと言えば、この映画を創るにあたっては、実際は後者の比重が多かったかもしれません。それでも、素晴らしい経験をさせて頂いたことに変わりはなく、支えてくれたスタッフとキャスト、応援してくれた観客の皆さんには、心から御礼申し上げます。
また、どこかいつかの折に「竜宮、暁のきみ」という小さな映画をご覧頂いたり、思い出して頂けるよう、皆様の心の玉手箱にそっとしまって頂けたら監督冥利に尽き幸いです。
今後は「新たな物語」を作るべく、前に進もうと思います。

最後になりますが、どんなカタチであれ本作に関わって下さった全ての方が、今後の道すがら、素晴らしい出会いをされ、それが長続きし、深く濃い海のように大きく広がってゆくことを切に願っております。

まだまだ宴は宵の口、さあさあ、心ゆくまで踊りましょう!
そして、願わくばまたいつの日か竜宮城へ。

2015年10月某日「竜宮、暁のきみ」凱旋上映を終えて。

監督:青木克齊

感謝!!

IMG_2497

凱旋、上々!平日限定の特典を発表!!

26(土)から始まった凱旋上映はお陰様で盛況です!
お忙しい中、ご来場頂いた皆様ありがとうございました!
まだご覧頂いていない方は、今週金曜までの上映ですのでお早めに!
そして、明日からは平日限定の特別企画も開始します!
昨年の東京・新宿での劇場公開以降全員プレゼントでお配りし、大好評だった(株)四国団扇さまご提供の「竜宮オリジナルうちわ」を限定30名様にプレゼント!竹製の竜宮特別デザインの丸亀うちわです!

IMG_3294

この超レアグッズの入手方法は、というと…
①竜宮のチラシを手にしたご自身のお写真を撮って下さい。
②その写真をご自身のSNSに投稿(facebookやTwitterやインスタグラム等)
③入場時、投稿した写真を劇場スタッフにお見せ下さい。

チラシは劇場の竜宮ブースに設置されていますし、写真はお近くの劇場スタッフにお声掛け頂ければ撮ってくれます。どうぞこの機会に貴重な「竜宮オリジナルうちわ」をゲットしちゃって下さい!!

さてさて、初日1回目の舞台挨拶は監督、桂こけ枝師匠、みとよ観光大使の乙姫ななこさん。まるで桂こけ枝独演会の如く、笑いいっぱいの和やかさ!上映後は、大勢のお客さんに囲まれてパンフレットや来場者プレゼントの冊子に皆でサインを入れさせて頂きました!

12049161_427794740744682_6977503748735207038_n

 

12036863_427794724078017_903108693446348173_n

12049396_684770938319534_3777447956625203216_n

初日2回目の舞台挨拶は香川が誇る銀行員&映画監督の香西志帆さんが「浦島花子」として急遽登壇!こちらも和やかにゆるゆるとトークさせて頂きました!香西監督ありがとうございました!

12020059_716340488472631_1060720103421648449_n

 

 

イオンシネマ綾川 上映時間決定!

皆さん、お待たせ致しました!
9/26(土)から香川凱旋となる「竜宮、暁のきみ」上映時間が決定致しました!

0825ryugu_b5_f04_ol_low

◆9/26(土)
①11:50~
上映前に監督、桂こけ枝さん、三豊観光大使・真鍋ななこさんによる舞台挨拶を予定しています。

②19:10〜
上映前に監督、三豊観光大使・真鍋ななこさんによるミニトークを予定。

◆9/27(日)
①11:50〜 ②19:10〜
ともに監督、三豊観光大使・真鍋ななこさんによるミニトークを予定。

◆9/28(月)~10/2(金)
①11:40〜 ②19:00〜
ともに青木監督によるミニトークを予定。
※9/29(火)のみ19:10の上映は休映となります。

そして、竜宮名物のお土産企画、来場者プレゼントを2つご用意しております!
①荘内半島の伝説童話「浦島の太郎さん」著・重野清
②竜宮オリジナルえびせん
(ともになくなり次第終了となります)

IMG_3683

また、劇場では香川県初登場のパンフレットやオリジナル手ぬぐい、サウンドトラックなども限定販売致しますので、どうぞ宜しくお願い致します!

◯パンフレット(¥500)
パンフ
◯竜宮手ぬぐい・浦島.ver/乙姫.ver(各¥900)
ryugu_mihon_blueryugu_mihon_pink
◯オリジナルサウンドトラック(¥1500)
プリント

その他、ご不明な点などはイオンシネマ綾川までお問い合わせ下さい。
(都合により予告なく登壇者等が変更になることがあります)

竜宮、凱旋上映記念イベントが開催!

竜宮のロケ地・三豊市のお隣の観音寺市は、うどんには欠かせない〈いりこ出汁〉の原料となる〈いりこ〉が有名で、いつしか『うどん県いりこだ市』と呼ばれるようになったとか。

この春、そんな観音寺で観音寺の人々とともに青木監督が、地域活性ショートムービーを製作しました。タイトルは『うどん県いりこだ市ものがたり』

作品には観音寺の名所や市内のうどん店をはじめ、街のあちこちが舞台となって登場し、お芝居がまるで初めての一般市民キャスト&これまで映画制作など全く経験のない裏方市民スタッフが力を合わせて撮影に参加し、8/29(土)に無事完成披露され話題となりました。

この26分のショートムービーを、『竜宮、凱旋記念』と題して、来る9/12(土)に高松で初上映致します。

 

<ストーリー>
観音寺のとあるうどん屋「いぶき」。父・伊吹力と母・良枝の元に一人娘の栞が突然帰って来た。腰を痛めてうどんが打てなくなった父に代わり、店を継ぐ決意をした栞は、「日本一のうどん屋になる!」と、うどん修行を始める。

<出演>丹谷汐里・石垣のぼる・矢野晃代・いりこマン・観音寺の人々
<音楽>ミヤタケタカキ(tonari session’s)
<エンディングテーマ>「うどん県いりこだ市の唄」

【日時】 9月12日(土)
開場15:30〜 イベント開始16:00(終了〜18:00予定)

【会場】イクナス
 (3rd TIME HANAZONO ごはんとぱん/高松市花園町 2-1-8 森ビル3F)

【料金】700円(ドリンク&お菓子付き/監督&ゲストトークあり)

☆アクセスにつきましては、イクナスHPよりご確認頂けます。

☆ご来場の際、駐車場には限りがありますので、満車の場合は近隣駐車場をご利用下さい。

観音寺の映画を観ながら、観音寺の味が楽しめる!
ドリンクとお菓子のお得なセット “かんおんじのおやつ” 付き!

① 瀬戸内 塩檸檬サイダー(株式会社 志満秀)

06271236_558e1a4ab3157

“えびせんべい”で全国に知られる志満秀が、地元瀬戸内の特産物を使用した夏期限定商品として「地産地消」をキーワードに開発した商品。「フルーツ王国」の異名を持つ観音寺・三豊地区で採れたフレッシュな檸檬と香川県の「瀬讃の塩」を使用。夏の熱中症対策や夏バテ対策に最適でもある素材を用い、爽やかな飲みごたえが特長のサイダーに仕上がっています。

② 銘菓 観音寺(有限会社 白栄堂)

kanonji140731e

別名「観音寺饅頭(かんおんじまんじゅう)」略して「かんまん」の名で地元の人々に親しまれている。表面には、観音寺の名勝有明浜にある銭形砂絵「寛永通宝」の模様である丸に四角い穴の焼き印。ほのかな香りにまろやかな風味でしっとりとした黄味あんと洋風生地を合わせた手作りの銘菓。

③ あいむす焼き(満久屋 豊浦商店)

aimusuyaki

 

瀬戸内海は燧灘(ひうちなだ)でとれた新鮮なえびだけを使い、えびの殻をとり4,5尾分のむき身を「かた」と呼ばれる円形の鉄型に挟み、一枚一枚手焼きで蒸し焼きに。えび自体の素材から上品な風味と味が引き出される「あいむす焼」は、伝統製法による無添加、無混合の「本物の味」が楽しめます。

④ 伊吹島産 食べる小煮干 (株式会社 ダイブン)

1359798520-788115_1

伊吹島が浮かぶ燧灘(ひうちなだ)は、うどん県には欠かせない、いりこの原料となるカタクチイワシの豊かな漁場。水深が浅く流れも緩やかな為、骨や身が柔らかく、いりこにした時に水が浸透しやすく、出汁の出が良いのが特徴。鮮度が良く、素材の旨味を大切に仕上げた逸品。無添加で、頭から食べても苦味なく、安心・安全な自然の味が堪能できます。

以上、お得な『かんおんじのおやつ』4点セットが付いてくる!

凱旋上映となる「竜宮、暁のきみ」予告編なども特別上映!
どうぞお気軽にお越しください!!