小林ユウキチ

小林ユウキチ(三好恭平)

1988年6月3日生まれ。東京都出身。
高校在学中、オーディションに合格し、堀北真希主演・長尾直樹監督「アルゼンチンババア」でスクリーンデビュー。

主な映画出演作に、森田芳光監督「椿三十郎」、佐々部清監督「三本木農業高校、馬術部」、廣木隆一監督「軽蔑」「RIVER」など。
また、テレビドラマではNHK朝の連続ドラマ小説「純と愛」や「はつ恋」など。2013年、初主演映画「sweet sickness」が公開。

 

本作では、親友の死から立ち直れない主人公を励ましながらも叱咤する桃農家の友人を好演している。
日焼けした肌に、髭を蓄え、煙草を吸う。男臭い風貌で硬派。けれど、どこか憎めない雰囲気を以て物語に異質な彩りを添えており、作品に程よい深みを与えている。

所属事務所HPへ